生理痛

約3割の女性が、仕事に支障を感じるほどのかなりきつい痛みを感じているという生理痛。その原因は大きく3点あります。

1.子宮を収縮させる「プロスタグランジン」の分泌量が多い

プロスタグランジンは必要がなくなった子宮内膜を子宮の外に排出する大切な働きを持つホルモンですが、分泌量が多すぎると子宮を必要以上に収縮させてしまいます。
そのため、軽い陣痛のような痛みを下腹部や腰に感じます。

2.子宮の出口が狭い

子宮内膜が排出される子宮の出口が狭いと、なかなかベッドである子宮を排出できず痛みを感じます。出産経験がある女性は、出産経験のない女性よりも子宮の出口が広がるため、生理痛が軽くなる人もいるそうです。

3.冷えやストレスによる血行の悪さ

冷えによって、身体が冷えているときは血行が悪くなります。また、ストレスがたまっている場合も、ホルモンのバランスが崩れ血行が悪くなります。血行が悪いと骨盤内の血流が足りないため、子宮や卵巣が正常に働かずに生理痛を悪化させてしまう原因になります。

鍼灸治療は血流改善にとても効果的です。ぜひ一度ご相談ください。


 

 

たまladies鍼灸クリニック

《女性専門の安心鍼灸クリニック》

190-0011

東京都立川市曙町1-13-10クレストビル1階

電話042-519-3822

http://tamaladies.com/

【営業時間】 9:00〜21:00 年中無休